子育てを楽しむ

【書評】子育てにも活かしたい『ジェイソン流お金の増やし方』

「Why Japanese people?」のネタで有名な厚切りジェイソンさん。芸人として活躍されているだけでなく、IT企業役員の仕事もされています。

同時に、投資家であり倹約家としての顔も。

今回出版された書籍『お金の増やし方』。拝読すると、2021年1月にアナザースカイIIという番組で語られていた内容と同様、お金の価値観や生き方の軸がしっかりされていると改めて感じました。

(アナザースカイⅡより。心に刺さる名言ばかりの神回でした。)

初めは「米国株インデックス投資している人には目新しい情報はないかな?」と思ったのですが、著書は節約&投資術だけでなく、こどもの教育にも活かせるお金の価値観が学べる良書でした。

ソフィー
ソフィー
2児のワーキングマザーとして、今後のお金の教育に活かしたいポイントも含めてご紹介させてください。
こんな方にオススメの本です

・米国株を始めたい方(書籍には証券口座の作り方から載っています)

・FIRE(経済的自立と早期リタイア)に興味がある方

・こどものお金の教育について参考にしたい方

厚切りジェイソンさんってどんな人?

  • 1986年生まれの35歳
  • 就職と同時に投資を始め、投資歴15
  • 奥さんと3人の子どもの5人家族で、2年前にFIRE達成されています。

(2022年2月時点)

長年の投資経験や過去のデータ分析をもとに、仕事や家族との時間を犠牲にすることなくお金を増やす投資スタイルを確立し、結果的にFIREに至ったようです。

著書は、彼の投資経験から得られた学びを1冊にまとめたものになっています。

厚切りジェイソンさんのシンプルな米国株投資

できるだけ支出を抑え、残ったお金を投資に回して長期でコツコツ積み立てるというもの。とてもシンプルですが、一つ一つのルールを徹底されています。

  1. 支出を減らす(節約)
  2. お金を投資に回す(投資)
  3. 待つ(絶対に売らない!)

①支出を減らす

支出を減らすには、まずは見える化から。毎月家計簿アプリで項目別にいくら使っているのかを確認し、自分が無意識に使っている出費に気づくことが大切です。

可視化した後は、できるところから節約していきましょう!下記、ジェイソンさんの本気の節約術を抜粋させていただきました。

ジェイソン流・本気の節約術

  1. 自動販売機やコンビニでなるべくペットボトル飲料は買わない!
  2. 必要がないならコンビニに行かない
  3. 交通手段はまず歩く!
  4. より安いスーパーで大量買い&割引買い
  5. スペックが大して変わらないなら安い代替品で対応
  6. 洋服は基本買わないorお下がり
  7. 飲み会には基本行かない
  8. ジムは公共施設を活用
  9. サブスクリプションサービスは見直す
  10. ポイント倍増にだまされない。ポイントはごほうび遣いをしない
  11. 欲しいものは少し待ち、安いものを買う
  12. 家族がお金に対して同じ価値観を持つ

(ジェイソン流お金の増やし方)

「基本外食はしない」と番組で語られていた厚切りジェイソンさん。書籍で公開された節約術も、かなり徹底された内容で驚きました…!

ソフィー
ソフィー
私もお茶やコーヒーは水筒に入れて自販機では買わない、業務スーパーを利用する、型落ち家電を買うなどしていますが、まだまだ節約できることは沢山あることに気付かされました。見習いたいと思います!

②お金を投資に回す

投資スタイル:「長期」×「分散」×「積立」

自身を保守的な投資家だと語る厚切りジェイソンさん。長期で複利分散でリスク回避積立でドルコスト平均法の効果を期待する手法ですね。

米国株のインデックス投資信託一択

彼が投資しているのは、米国証券会社バンガードが提供する「バンガード・トータル・ストック・マーケットETF(通称VTI)」です。

VTIとは?

全米の投資市場に上場している4000社以上をひとつのパッケージにした商品。S&P500に含まれている500社だけでなく、中小企業の銘柄も含まれているので、将来これら中小企業が成長したときの恩恵を受けることができるという魅力がある。

初心者には「楽天・全米株式インデックス・ファンド(通称:楽天VTI)」という投資信託をオススメされています。

どちらも同じような商品なのですが、海外ETFの方が手数料が安いです。一方で日本円から米ドルへ両替したり、配当金の再投資をする手間が掛かったり、税金の問題を考慮する必要があります。そのため初心者には簡単に運用しやすいという理由で投資信託(楽天VTI)をオススメされていました。

著書では米国株の良さについて語られる一方、米国個別株や暗号資産、コモディティ投資、日本株、中国株には投資しない理由も述べられています。

もちろん投資商品ごとにメリット&デメリットがありますし、投資家によって評価が分かれるところです。リスク許容度や期待値、資金量も人それぞれ異なります。

投資に絶対はありませんが、その人がどういう考えで投資対象を選択しているのかはとても参考になると思いました。

ソフィー
ソフィー
私も読後は投資信託の日本株比率を下げ、米国株へシフトしました。自分が納得する投資スタイルの人を見つけたら、投資商品について詳しく調べてみてくださいね。

③待つ(絶対に売らない)

投資を始めたら、ずーっとコツコツ積み立てること。相場の暴落で狼狽売りは御法度です。今後も長期投資を続けていく中で、リーマンショック級の大暴落にあう可能性もありますし、精神的にかなり辛い局面もくると思います。

せっかく積み立てた資産を切り崩さないと生活できない…なんてことがないように、3ヶ月分くらいの生活資金は持っておきましょう。

こどもの教育にも活かしたいお金の価値観

なぜお金を増やすのか?

収入は上がっているのに、全然貯まっていなくてビックリ!という経験はありませんか?

それは収入の増加とともに支出も増えてしまっている証拠。生活水準を上げるとそれが当たり前になり、「もっと良いものを」と求めてしまう…。

つまり「お金がたくさんあるから必要じゃないものを買ってしまっている」ということ。

この状態を「快楽順応」というのだそうです。そのような状態では、お金を増やしてもモノに依存している状態で、結局幸せを感じることはできないのだとか。

モノに幸せを求めても、もっとモノを欲しがって満たされなくなってくるんですね。

お金は目的じゃない、 幸せを手にするための手段

では、私たちはそもそも、なぜお金を増やしたいのでしょうか?

厚切りジェイソンさんは、自由になるためだと言います。

お金のためにやりたくない仕事をするのではなくて、自分が本当にやりたい仕事や興味のあることに向き合うことができる。家族を守り、応援することもできる。経済的自立をすることで、本当の意味で自分の人生を謳歌できるまさに理想の生き方ではないでしょうか。

「自分にとって本当に価値があるのか?」という判断軸をもつ

こどもには節約というより、自分にとってそのものに価値があるのか判断する力を身につける教育をしている厚切りジェイソンさん。

過去のアナザースカイⅡで、「3,000円の帽子を(調子に乗って)買ってしまったことをずっと後悔している」とお話されていたことを思い出しました。

「3,000円の買い物に失敗しただけで、そんなに気にするもの?💦」と視聴当時は驚きましたが、それだけお金の価値を考えて生活されているのだなと納得しました。

自分の判断軸がしっかりしているから、暮らしに適した節約術も確立されているんですよね。

ソフィー
ソフィー
こどもには、買い物の失敗体験もしながら自分の判断軸を養っていってほしいと思います。

まとめ

マネーリテラシーがなければ投資は成功しない

私たちは「いかにお金を増やすか」だけに捉われてしまいがち。

でもそれだけでは不十分で、「お金を増やすこと」と同じくらい「お金をどう使うのか」も重要。それらをコントロールすることの大切さを教えてくれる本でした。

マネーリテラシーとは、お金とうまく付き合うための知識や判断力のこと。

2022年から高校家庭科で投資の授業が始まりますが、学校で知識は得られても、お金の価値観までは教えてもらえません。親である私たちが、こどもが価値観を身につけていけるようサポートする必要があります。

「お金の価値観」がマネーリテラシーのベースとなり、「生き方」に現れてくるんだと思います。

お金をコントロールした先に経済的自立があり、本当の意味で自分の人生もコントロールできるようになる…。そんな理想の状態に近づけるよう、投資を継続しつつ、私もこどもと一緒にお金の価値観を養っていきたいです。

最後に、厚切りジェイソンさんの名言を貼らせてください。

私もちゃんと生きよう、と思わせてもらえたシーンです。いつかこんな台詞言ってみたいですね〜。再放送まだですか?(笑)

書籍にも名言が散りばめられているので、気になった方はぜひ読んでみてくださいね。最後の複利のお話もとても素敵だなと思いました。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました^^