子育てを楽しむ

【海外絵本サブスク】ワールドライブラリーのおすすめポイント3つ

こんにちは、ソフィーです。

ソフィー
ソフィー
こどもの月齢が上がってくると、楽しみなのが「絵本の読み聞かせ」ですよね☺️

皆さんは、ワールドライブラリーという海外絵本の定期購読サービスをご存知ですか?実際に利用してみて良かったことや注意点もふまえてご紹介したいと思います。

こんな人にオススメ

・世界のさまざまな国の絵本を読んであげたい

・かわいい or 変わったデザインの絵本に興味がある

・なるべく手頃な値段で海外絵本を楽しみたい

ワールドライブラリーって?

海外の絵本が届く定期購読サービス

30ヵ国以上の国の絵本から選書された作品が毎月1冊届くサービスです。

月額1,300円(消費税・送料込)で利用できるので、日本の絵本を購入するのと変わらない感覚で海外絵本を楽しむことができます。

もちろん日本語翻訳されているので、外国語ができなくても安心✨

世界の文化や多様性にふれつつ、国際的な感覚を養えると素敵ですよね。大人でも楽しめそうな絵本が多いのも魅力に感じました。

対象年齢

1歳3ヶ月〜7歳までを対象にラインナップされています。

対象年齢は設定されていますが、どの絵本から購読を始めるか自分で選べるので、年齢が違っても好きな作品から申し込むことができます。0歳からでも購読可能です。

ソフィー
ソフィー
こどもが1歳6ヶ月でも、1歳3ヶ月用の作品からスタートできたり、1歳9ヶ月用の作品からスタートすることができます。

どんな絵本が届くの?

各年齢に応じて、下記のような絵本がセレクトされているようです。

・1歳向け絵本

丈夫なボードブックを中心にセレクト。スライド式のしかけ絵本は、指の動きや追視をうながし、よい刺激になります。見る・聴く・さわるを楽しみながら、世界の絵本に親しみましょう。

・2歳向け絵本

やさしい文と明快な絵柄の絵本たち。同じ絵本を何度もくりかえし読んでもらうことが、言葉を覚え、語順など文章の仕組みを自然に理解していく手がかりになります。

・3歳向け絵本

お話の世界へようこそ!過去や未来という時制や大きい小さいという比較がわかってきます。ストーリーが理解できるようになり、絵本の楽しさがぐんと広がります。

・4歳向け絵本

身近な人や絵本の中の存在の「気持ち」を察して感情移入できる頃。想像力をいっぱいにはたらかせ、ごっこ遊びや手先を使う遊びに集中します。絵本の世界にひたるように満喫できます。

・5歳向け絵本

体も心もしっかりしてきて、入学への準備をしていく時期。音読やひとり読みにも挑戦できるようになってきますが、親子でふれあう素敵な時間を大切に過ごしましょう。

・6歳向け絵本

好奇心いっぱい、情報満載の図鑑やテキスト量の多い絵本も夢中で読み進むことができます。絵本以外の児童書へと続く「読む力」を伸ばす重要な時期です。さまざまなテーマに触れて。

・7歳向け絵本

お友達と読んだ本の情報交換をしたり、感想を文章で表現したりと実生活の中でも本とのかかわりが活かされてきます。世界の絵本でゆたかな心をはぐくみましょう。

(引用元:ワールドライブラリー公式サイト)

ソフィー
ソフィー
それぞれの年齢で、できることや伸ばしたい力に合わせたお話がセレクトされているのが良いなと思いました。

【レビュー】おすすめポイント3つ

今回、1歳6ヶ月の配本から定期購読を始めました。実際に利用してみて良かったポイント3つをまとめてみました。

  1. 海外絵本が定価以下で購入できる
  2. 配本ラインナップが確認できる
  3. 親子で楽しめるしかけ絵本

1. 海外絵本が定価以下で購入できる

ワールドライブラリーでは、すべての絵本が定価以下の価格設定で購入できるようになっています。配本ラインナップの価格帯は1,100円〜2,750円でした。

月額1,300円(本体価格1,100円+送料200円)で1,100円以上の本が届くので、損することのない価格設定になっています。最大60%OFFの本体価格で絵本が楽しめるのは嬉しいですね。

例えば、私と長男イチオシの絵本『あおいよるのゆめ』の場合…

Amazonや楽天で定価で1,980円(送料別)する絵本が、ワールドライブラリーだと本体価格1,100円(送料込で1,300円)で購入可能でした。

・楽天市場での最安値1,980円(2022年2月24日検索時点)

・Amazonでの最安値1,980円(2022年2月24日検索時点)

・ワールドライブラリーで購入する場合(2022年2月時点)

メルカリでも探してみましたが、1〜2歳向けのしかけ絵本はあまり見かけないんですよね…^^;おそらく遊びすぎてボロボロになるため、あまり出回っていないような気がしました。上記は一例になりますが、ワールドライブラリーで購入するのが一番お得でした。

もし気になる海外絵本がある場合は、ワールドライブラリーで取り扱いがないか調べてから検討されるのがオススメです!

2. 配本ラインナップが確認できる

ワールドライブラリーでは、届く絵本の順番が決まっています。作品がランダムで送られてくるわけではありません。どんな絵本が届くのか確認できるので、あらかじめ購読期間を決めて計画的に利用することができます。

3. 親子で楽しめるしかけ絵本

ソフィー
ソフィー
こどもちゃれんじの絵本には全然興味を持ってくれない長男でしたが…

しかけ絵本は面白いのか、夢中になって遊んでくれました👏✨指先を使った遊びにもなるので良いですね。

特に「ちいさなゆびで」シリーズのイタリア絵本🇮🇹『あおいよるのゆめ』がお気に入り。絵柄もデザインもかわいくて、私も大好きな絵本です^^

あおいよるのゆめ あおいよるのゆめ

こちらは横にスライドするとキラキラしたお魚が出てくる、イギリスのしかけ絵本🇬🇧『うみのいきもの』。

ワールドライブラリー

すべてのページがツルツルになっていて、手触りも楽しめるフランス絵本🇫🇷『よるのクロネコ』。

よるのクロネコ

丸い穴がページごとに重なり、ぐるぐるが立体的に作られたユニークなイタリア絵本🇮🇹『タルタ・ルギーナのおうちはどこ?』。

ワールドライブラリー(1歳9ヶ月)

毎月しかけ絵本が届くわけではないのですが、個性的な絵本が毎回楽しめるように選書されているのも嬉しいポイントでした。

退会した理由

しかけやデザインが気に入って半年ほど購読していたワールドライブラリーですが、絵本の内容が長男と合わなくなってきたため、一度退会することにしました。

こちらは1歳9ヶ月に届いた絵本ですが、長男には文章量がそこそこ多かったです。

タルタ・ルギーナのおうちはどこ?

(『タルタ・ルギーナのおうちはどこ?』より)

正直なところ、3行も読ませてくれれば御の字なくらい、お話を聞いてもらえませんでした(笑)絵本のレベルが合わなくなってきたかな?と思い、退会して様子を見ることに。この辺りはお子さんで異なると思うので、ご参考まで…^^

ここだけ注意!

購読3ヶ月以内に退会すると、その後3ヶ月は再入会できない

1歳◯ヶ月でもらえる絵本だけ欲しいんだけど…その絵本から購読開始して、届いたらすぐ退会してもいいの?

最低加入期間は設けられていないので、ほしい絵本が届いたらすぐ退会することができます。ただ購読3ヶ月以内に退会した場合、その後3ヶ月は再購読できないようになっています。

また、途中から配本コースの変更はできないのも注意です。例えば2歳コースから購読を始めた場合、1歳コースの絵本へ変えるためには一度退会して希望の配本から再購読する必要があります。

配本予定の絵本で既に持っているものがある場合

配本予定の絵本を持っていてかぶるんだけど…。

申込後、マイページで既に持っている絵本を選択することで被りを防ぐことができます。その場合は実月齢に合った代替えの絵本、もしくは1,000円相当の図書券等がもらえるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

世界の絵本が楽しめるワールドライブラリー。

実際に利用してみると、こどもも大人も楽しめる作品ばかりで一緒に絵本を読む時間が楽しくなりました。

こどもの発達や関心具合を見つつ、購読を調整できるのがいいなと思っています。

まだまだ気になる絵本がたくさんあるので、また長男の興味が戻ってきたら、購読再開を検討したいと思います✨

ワールドライブラリーの公式サイトはこちら

 

このブログでは、「がんばるママこそ自分を大事にしよう。」をコンセプトに、暮らしや子育てを楽しむアイデアや体験記を発信しています。

気になった方は他の記事もご覧いただけると嬉しいです。

最後まで読んでいただきありがとうございました^^